Model Case

お金のホームドクターとして「お客さま」に寄り添い、
アドバイスをおこないます。

事例のご紹介

モデルケース

セカンドライフに向けた資産運用をスタートしたい

退職金の運用相談

60歳男性

運用経験はなく、退職金の受け取りを機にセカンドライフに向けた資産運用をスタートしたいとの相談。
セカンドライフのライフプランをお伺いし、運用の目的を明確化しました。

IFAからのご提案

支出と保障のバランスの改善を図りました

65歳までは仕事を継続するため定期的な収入が見込めることから、10年先・20年先を見越した長期運用を主流に、当初5年間はリスク資産への投資比率を高めるポートフォリオを作成しました。
また併せて若い頃に加入されたままの医療保険の見直しを実施し、当面は株式比率の高いポートフォリオ運用を行うとともに、支出と保障のバランスの改善を図りました。

将来の資産面での不安

将来に向けた資産形成

30代ご夫婦

漠然と将来の資産面での不安を感じているお客さま。

IFAからのご提案

毎月の収入から無理のない金額での積立て投資をスタート

漠然と将来の資産面での不安を感じているお客さまであったので、将来の夢や希望を詳しくお伺いし、これからどのくらいの資産が必要になるのかを明確にしたうえでそれに向けたロードマップを作成。
NISA、iDeCoなど税制面で優遇される制度をフル活用し、毎月の収入から無理のない金額での積立て投資をスタート。
今後積立て投資以外に、預貯金やボーナス資金などを活用し資産分散を考慮したポートフォリオ運用も行う予定です。

大切な資産なので大事に運用したい

相続で引継いだ資産の運用相談

48歳男性

大きな資産を相続されたお客さま、お父さまから受け継いだ大切な資産なので大事に運用したいがどうしていいかわからないとの相談。

IFAからのご提案

ポートフォリオのリバランスを行い資産分散を図りました

預貯金以外にも株式や投資信託の有価証券が多くありましたので、まずは保有されている有価証券について内容や現状を確認。国内外の株式での運用に偏っていたためリバランスを行い資産分散を図りました。
また、ご子息への相続についても考えたいとのことで、保険商品を活用した相続対策を提案しました。

全ての基本は「お客さま」です。

「お客さま」はひとりひとり、考え方も違いますし、現在の環境や状況も違うことでしょう。また「こうなりたい」あるいは「こうしたい」といった将来の夢や希望も様々だと思います。

そうした「お客さま」ひとりひとりの声に耳を傾け、「お客さま」のライフプランや現在のライフステージに合った資産運用をご提案し、お客さまの夢を叶えることを目標にお金のホームドクターとして資産形成や資産管理のお手伝いをさせていただきます。