BLOG

”走る”ファイナンシャルアドバイザー

Run & Financial Adviser

大仏マラソン

2018年12月25日更新

ランニング

  • fb
  • line

こんにちは!
“走る”ファイナンシャルアドバイザーの村山です。

12月2日、湘南国際マラソンを走ってきました。
もちろん今回も大仏です(笑)

「どうして大仏で走るのですか?」との質問をたくさんいただくので、今までの大仏マラソンを振り返ってみます。
そんなに大した理由もないのですが、スタートは2014年の奈良マラソン。
奈良は私の故郷であり友人・知人もたくさんいるところ。
せっかくなので、奈良にちなんだ仮装をして走りたいと考え大仏で走ることを思いつきました。(奈良と言えば大仏って単純過ぎですね)
完走できれば十分と思っていましたが3時間45分48秒と予想以上に順調に走ることができました。

それからは大仏マラソンでの記録更新を目指し年に一度チャレンジするようになりました。
翌2015年からは現在の地元である湘南国際マラソンと奈良マラソンの日程が1週間違いとなってしまい、湘南にも鎌倉の大仏がいることだし大仏に仮装しても違和感ないかなと勝手に判断して湘南国際マラソンをチャレンジレースに選択しました。

湘南国際マラソンでの大仏記録は以下の通り
2015年 3時間39分30秒(大仏記録更新)
2016年 3時間28分38秒(大仏記録更新、大仏サブ3.5達成)
2017年 3時間33分33秒(大仏記録更新ならずも、「3」のゾロ目)
2018年 4時間10分27秒(フルワースト記録)

残念ながらアクシデントもありワースト記録に終わり、大仏記録更新は今年もお預けとなりました。

昨年の湘南国際マラソンを走った際に、体重を絞った結果マスクが緩くなり走っているとマスクがくるくると回って視界が確保しづらい状況となってしまい安全走行の面でもマスク改良が必要と考えていました。
そこで、今年はマスクを固定するためにマスクの後ろ面の穴を増やしてしっかりと結べるように改良してみました。

湘南国際マラソン

効果は抜群で、今回は走ってもマスクが回り視界を不安定にすることはなく、スタート直後は順調にペースを刻んでおりました。

ところが、思わぬところに落とし穴が・・・
マスクを被ると呼吸も辛くなるのですが、いつもならマスクの下の隙間から新鮮な空気が多少は流入していたのですが、今回マスクをきつく結んだせいでほとんど空気が入ってこないという状況に(泣)

走るほど呼吸がきつくなりペースを維持することもできず、最終的には走っているのか歩いているのかわからないペースになり4時間10分台というフルマラソンワースト記録を樹立。

湘南国際マラソン

大仏マラソンも奥深い(笑)
マスクに更なる改良を加えて、来年こそは大仏サブ3.5はもちろん大仏記録の大幅更新を目指したいと思っています。

大仏で走っている私を見かけたら是非応援してくださいね!

カテゴリー