BLOG

”走る”ファイナンシャルアドバイザー

Run & Financial Adviser

神宮外苑24時間チャレンジ

2018年11月12日更新

ランニング

  • fb
  • line

こんにちは!
“走る”ファイナンシャルアドバイザーの村山です。

今回はランニングネタです。

2018年11月10日午前11:00から11日午前11:00にかけて開催された「第13回神宮外苑24時間チャレンジ」に参加してきました。

この大会は24時間走世界選手権代表選考会を兼ねており、国際陸連ルールに準拠して実施されるシリアスな大会です。
コースは神宮外苑(1周約1.3km)を24時間ひたすらグルグル走るという、精神的にかなり厳しいコースとなります。

普通の大会は距離が決まっていますが、この大会は100km走っても200km走っても24時間経過しないと終わりにならない大会。
逆に24時間経過すると10kmしか走っていなくても終了(笑)
自分のメンタルが問われる大会と言えるかもしれませんね。

日本代表になるには最低でも250km以上は走らないと箸にも棒にも掛からないといったレベル。
250kmって・・想像もつかないですよね。
私は調子がよければ240km、最低でも200km走りたいと思い参加しましたが・・

結果は惨敗

最低目標を大きく下回る170.8kmとなりました。
理由はトレーニング不足と不摂生、何よりメンタルの弱さにつきます。
ある意味、今の自分には妥当な結果だったと納得しております。

この半年は、仕事という名(?)の飲酒の機会が約3倍に激増した反面、トレーニングに費やしていた時間がその分少なくなりトレーニング量が2/3に激減。
結果体重は8キロ増、知らぬ間に内蔵疲労も蓄積していたように思います。

当日は11月にもかかわらず気温が23℃まで上昇。最近の涼しさに慣れきった身体には少々つらいコンディションとなりました。
スタート直後は予定よりも速いキロ5分15秒前後のペースで入り、周回を重ねておりましたが序盤も序盤の3時間ほど経過したあたりから異変が・・
積み重なった内蔵疲労に加え軽い脱水症状もあったと思います。
いつもなら何でも飲み食いができる丈夫な胃腸が自慢だったのに、ゼネラルエイドの食べ物が食べられない。
大好きな大福やカステラなどのお菓子ですら食べたいと思えない。
果物だけは食べることができたので、果物と水分補給のみ。
それが逆に良くなかったのか、走ると気持ちが悪くて序盤から歩きの連発となりました。

しばらく我慢したら治るかと思いきや、一向によくなる気配が見えず歩いたり走ったりの繰り返し。
無理をすれば走れないこともないのですが、あと20時間残っていると思うと走る気力も湧いてこず・・
6時間経過した時点であっさりと目標を下方修正して100マイル(160km)に変更。
これなら残りをほぼ歩きでも達成できる目標です。

そうなるとますます走る意欲は減退・・
ゆっくり歩いてたまに走るという繰り返しになってしまいました。
本当にメンタル弱いよなぁ(笑)

周りを見るとボロボロになりながらも走り続けているランナーばかり。
凄い人たちと一緒にレースに参加しているのだと改めて実感。

そこまでして走るメンタルの強さはどこからくるのだろう?
「ほんの少しでも自分にもその強さがあれば結果も違ってきたのになぁ」と思う反面、
「そこまですると楽しくないし走ることが嫌いになっていたかもしれない」とメンタルの弱さを正当化して自分に言い聞かせておりました

何はともあれ24時間たくさんの人に応援していただいたおかげで、メンタルが弱々な私でも無事に完走することはできました。
ありがとうございます。

24時間走は普通のウルトラマラソンとは違い、自分を見つめ直すことができる大会だと感じました。
今回は自分のメンタルの弱さを実感させられる結果となりましたが、来年は少しでも成長してまた神宮外苑に戻ってきたいと思います。
(あれっ? 走り終わったあとは、もう24時間走は二度とでないぞと思っていたはずなのに(笑))

もし24時間走に興味をもたれた方がいらっしゃれば、来年神宮外苑でお会いしましょう!

カテゴリー